マスクいつまでするのですか? [194]

今年は梅雨明けが例年より遅れてますので、まだそれほど暑くはありませんが、そろそろマスクをはずさないと熱中症になりかねません。また免疫力も低下しますので、コロナ予防どころかコロナにかかりやすくなります。そもそも何故マスクをするのですか?予防にはならないのをご存知ですか? 感染者が咳をしたときに飛沫を飛ばさないのが本来の目的です。マスメディアの第二波脅しキャンペーンがはじまってるように思えてなりません。東京都、それも新宿区で陽性者が増えているのは、PCR検査をして陽性ならば見舞金10万円がもらえるからです。ですからお金目当てで検査をする人が後を経ちません。それにPCR検査の精度は2割の確率らしいので、検査をすればするだけ陽性者は増え続けるのです。明らかに緊急事態宣言のときよりも重症者・死者数は減っているのが事実です。以前の記事でも書きましたが、コロナはインフルエンザより致死率は低いのです。癌で亡くなる人は1日に1000人いますが、コロナで亡くなる人は何人いますか? コロナで亡くなる人は、既になにかしら基礎疾患のあられた方々です。言い方が悪くなりますが、遅かれ早かれ時期がくれば亡くなる方々です。たまたまコロナウィルスに最後に感染してしまい、亡くなったからコロナが原因だとされてしまっているのです。マスメディアの不安を煽る情報を鵜呑みにするのは危険過ぎます。マスクをする事で呼吸が浅くなっていますので、洗脳されやすい状態なのです。コロナを怖れて、不安定な状態でいますと余計にコロナにかかりやすくなります。また、消毒液で消毒し過ぎるのもよくないです。人間にとって必要なウィルスまで殺してしまいます。何も特別なことをする必要もなく、食に気を使い、充分な睡眠をとりさえすれば、ソーシャルディスタンス・マスク・消毒液等、必要ないのです。本当に怖いウィルスならば、今の低レベルのウィルス対策で大丈夫なわけないと思いませんか? 危険過ぎて家から一歩たりとも出ることなどできませんからね。

続き

コメント

タイトルとURLをコピーしました