祝100記事 アメリカ大陸横断記 [100]

ラスベガスも熱帯夜だった [99] の続きです。「せっかくカジノの町に初めて来たのだからギャンブル体験をしなくては」と思いましたが、これから一週間かけてアメリカ大陸を横断するのですから大金を使うわけにはいけませんので本格的なカジノはできません。手軽にできるスロットマシーンをやることにしました。当時ニュースでバタやん(田端義夫)がラスベガスでスロットマシーンで大勝ちしたとニュースになっていました。もしかしたら私も億万長者になれるかもしれません(笑) スーパーマーケットに行くと出口付近に多数のスロットマシーンが設置されていました。レジを済ませた客が釣り銭でスロットマシーンを楽しんでいます。「さすがラスベガスだな!」 友人からラスベガス空港を降りたらスロットマシーンが出迎えてくれると聞いてましたが、まさかスーパーマーケットにあるとは思いもよりませんでした。あーっと言う間に20ドル負けてしまいました。今夜の宿泊地を探すために町外れの砂漠地帯に行くと一軒のモーテルがあり、そこで泊まることにしました。夜中なのに外はむーっと暑いのです。部屋に入るとクーラーが効きすぎて寒いぐらいでした。明日の朝からいよいよ本格的にアメリカ大陸横断をしなけれなりませんので、早く寝ることにしました。シャワーを浴びたらお尻がヒリヒリして痛いのです。長時間、車を運転しましたので、痔になりかけていました。「大変なことになったな! 」毛布にくるまって寝ましたが、寒過ぎて寝れません。クーラーを切ると暑過ぎて寝れません。ラスベガスの熱帯夜は危険過ぎるぐらいの暑さでしたので、寒いけどクーラーをつけて寝る方を選びました。

続きは、またの機会に!

コメント

タイトルとURLをコピーしました