今までの人生で知ったすばらしい音楽、ライフスタイル、出来事を紹介させていただきます。

1978年 夏 [304]

バンド経歴の続きです [271] の続きを書きます。 3月に日本の高校を卒業してから、9月からアメリカの高校に入学するまでの6ヶ月間が人生で一番自由気ままに青春を謳歌していました。 地元の幼馴染たちと神戸駅前にあった「ビリーヤード神戸」で外が明るくなってくるまで徹夜でビリヤードを楽しんでから、友人の車に乗り込んで須磨浦公園のそばにあった24時間営業のケンタッキーフライドチキンまで行くのです。 車のカーステレオからビージーズが歌う「サタデーナイトフィーバー」「ステインアライブ」「愛はきらめきの中に」などのジョントラボルタ主演の映画「サタデーナイトフィーバー」のサウンドトラックを聴きながらの楽しい早朝ドライブでした。 映画の公開でディスコが流行り、音楽の主流がロックからディスコサウンドに変化した時でしたので、ロックミュージシャンのロッドスチュアート、ローリングストーンズもディスコ音楽をやり始めました。 「ソウルトレーン」というダンス番組も日本のテレビで放送されました。 当時ケンタッキーフライドチキンは須磨にしかなくて、神戸では最初の店だったと思います。 ベジタリアンの私はチキンを食べられないので、コールスローサラダとバターロールを食べていました。 これからアメリカへ渡ろうとしている夢多き私にとって最高の時代でした。 もう43年前になるのですね、早く昔みたいに自由な時代が戻ってくるのを祈っております。

続き

おすすめ