ダージリン紅茶 [113]

朝起きて、今日は特別な日だなと思った時にダージリンの茶葉をジャンピングさせることにしています。特別な日とは、休日、寝起きの良い時、何故だかワクワクしてる時なんですが、今日は逆に季節の変わり目で体調がすっきりしなくて、秋の花粉症で鼻水がズルズル、めまい気味、きっと月に関係あるのだなと月齢をチェックしてみると… やはりまもなく新月を迎えます。引力が強くなり始めています。敏感過ぎる身体ですわ(笑) 紅茶のジャンピンはいまだに納得する安定度を得られません。水道の蛇口を素早くひねって水道水をポットに勢いよくそそぎ、空気を逃さないようにポットに蓋をして湯を沸騰させます。ティポットに茶葉を入れて、沸騰した熱湯を勢いよく注ぎます。うまくいけば茶葉は上下運動を繰り返すのですが、茶葉が湿気っていたり、水道水に空気があまり含まれていなかったら、ジャンピングしなくて茶葉は底に沈んでしまいます。そんな時は最後にひとひねりスプーンで混ぜます。やはり人工的にジャンピンした紅茶は美味しくありませんね。「そんな日もあるわ」とあきらめて紅茶をすするのです。とほほ… 「あっ!」もしかしたらジャンピングの良し悪しも月齢に関係するのかもしれません。新月、上限、満月、下弦で実験しようと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました