涼しくなったらピクニックへ [79]

若い頃(1986年頃)4輪駆動車がブームになり、赤色のアメリカンなピックアップ4WDトラックを購入してオートキャンプを始めました。マウンテンバイク、カヌーを荷台に積んで海、山、川、湖へキャンプに行きました。だんだんとアウトドアスポーツにのめり込みマウンテンバイクの輸入ビジネスを始めるのですが、その話はまたの機会に書きます。長野県南相木村で開催されたアウトドア雑誌「ビーパル」のミーティングに参加しました。全国から熱心なアウトドアファンが集まってきました。そこで知り合った人達とキャンプクラブを作ろうという話になり、レッド・トラック・キャンパー・クラブ(通称: RTCC)を設立。北は北海道から南は九州までのメンバーが参加、岐阜県平湯峠にある神の湯、鈴鹿サーキットでF1観戦ミーティングをやりました。その後、メンバーは結婚して家族中心のライフスタイルに変わっていきました。私も気が付いたらキャンプをやらなくてなっていました。20年振りに物置のキャンプ用品を点検しましたら、テントが劣化してベトベトになってました。もうキャンプをする体力はありませんが、ピクニックぐらいやろうかなと… 秋になれば、修理から戻ってきたミニクーパーに籐製バスケットにセットされた食器、木製折りたたみテーブル、折りたたみ椅子(ガダバウトチェアー)、タープテント、ガスバーナーなんかを小さな車に一杯積みこんで、山へピクニックに行こうと思います。車は22年前、その他のアウトドア用品は30年前の年代物です。そして私は60年モノの還暦オジン(笑) 初老の粋なアウトドアの楽しみ方だと思うのですが…

※英国マクラーレン社製のガダバウトチェアーの背もたれ布が破れてましたので、新品を購入しようと探しましたが、現在生産が終了していて入手困難らしいのです。オークションでも高額で取り引きされているみたいです。仕方がないので自分でジーンズのハギレを使って修理しました。ピカピカの新品もいいですが、自分で修理して長く使っているヴィンテージ物も趣きがあり素敵だなと思いました。私がガダバウトチェアーにこだわるのはミニと同じ英国製であり、とてもコンパクトにたためますので、ミニに積むのに最適なのであります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました