果報は寝て待て [158]

私はマヤ暦を意識して生活していますが、昨日のツォルキンの暦はKIN 257 : 赤い惑星の地球の日でした。「今日は無理をしないで時が到来するのを待つ日。悠々自適にかまえることで、シンクロニシティは向こうからやってくる。個人的な努力がむなしいと感じるときでもある」と書いてありました。なるほどなと、現状をどう改善したらよいのか? なんのあてもなくて生活するのはとても不安で焦りますが、今はそうゆう時期なので、日本の故事「果報は寝て待て」でいくのがベストな選択であると私は思います。新型コロナウィルスを予防するのにも十分な睡眠は免疫力を高めるのには必須であります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました