花隈 洋食のますだ [42]

元町駅から元町高架下商店街を西へ歩いて北に花隈城跡公園が見えてから次の信号を北に5分ほど上がった所にある可愛らしい洋食屋さん。店内ではいつも素敵な音楽が流れています。ジャンルレスにかなりの量の音楽を聴き込んできた私をいつも唸らせてくれる選曲です。今日はアル・デ・メオラのビートルズ・トリビュート・アルバム「オール・ユア・ライフ」から選曲された「ブラック・バード」が流れていました。梅雨の蒸し蒸しした土曜日の昼下がり、汗を流しながら坂道を登ると17時30分からの夜営業を待っているお客様が並んでいました。「あっ!」と言う間に店内は満席になりました。ご夫婦で営まれている店内ではご主人が厨房、奥さまがホールを担当され見事な二人三脚でお客様をおもてなししてくれます。席に着くと、レモンがほのかに漂う水とメニューを持って注文を聞きに来てくれます。昭和の時代、洒落たお店にはウォーター・サーバーにレモンの輪切りを浮かべていて、爽やかな香りの水をサーブしてくれたものでした。そんな昭和レトロな雰囲気のインテリアではなくて、天井は吹き抜けで解放的で、ガラスの小瓶に水栽培されたプラントの数々がなんとも言えないお洒落さを醸し出しているのです。ハイセンスな奥様のコーディネートが光ります。そして神戸旧居留地の「十字屋」でチーフ・シェフを長年務められたご主人の作られる料理も絶品でリーズナブルな価格設定が嬉しいです。教えたくない私の隠れ家を紹介させて頂きました。ぜひ一度ご賞味ください。

※ますだご夫妻はプレミアム・ノイズを応援してくださり、いつもライブにお越しくださってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました