アメリカ ファッション

Rugby Jersey [435]

桜の花も散り始めました。 昼間は暖かいですが、夜は冷えますね。 花冷えの時期に重宝するファッションアイテムがあります。 それがラグビージャージなんです。 以前の記事に書きましたが、襟付きのシャツのボタンを一番上まで閉めるととても暖かく過ごせるのをこの冬場に発見しました。 それと私は横シマのボーダー柄が好きなのもポイントが高いです。 フランスのバスクシャツも好きなのですが、ボートネックになっているのでまだこの時期には少し早いです。 ラグビージャージを最初に好きになったのが、高校生の時にヘビーデューティIVYが流行っていて雑誌でラグビージャージが紹介されていました。 ラグビージャージには、隠しボタンのイングランド型とボタンが表に出るニュージーランド型があるとのことでした。 アメリカのヨセミテ国立公園でロッククライマーがラグビージャージが丈夫なので愛用しているとの記事が少年の心をくすぐりました。 それ以来ボーダー柄が好きになり、ライブのステージで着るのもボーダーTシャツです。

おすすめ