今までの人生で知ったすばらしい音楽、ライフスタイル、出来事を紹介させていただきます。

Wolfgang Muthspiel [322]

最近はBrad Mehldauを再発掘して、とりまきのアラウンド・フィフティのミュージシャンの音源を収集し始めました。 今回の作業で56歳のWolfgang Muthspielを知りました。 オーストリア出身のギタリストで、欧州でクラッシック・ギタリストとして活動して、その後、渡米してGary Burton Bandのレギュラーメンバーとして活動し、ニューヨークを拠点にPaul Motianのバンドに参加。 ECMから初リーダーアルバムをリリースしたとの経歴の持ち主でした。 すごく私の興味( ヨーロッパ出身 ・Gary Burton・ECMレーベル)をすすってくれるギタリストでしたので、早速彼の作品を5枚ほど入手しました。(私の音源の購入方法は、まずそのミュージシャンの作品を5枚ほどをランダムにチョイスします。 それらをなんの情報もない状態で一通り聴き、気に入ったら、そのミュージシャンの参加している音源を徹底的に聴きます) 今回は顔がはみ出すぐらいのどアップ写真のインパクトにやられてしまいました(笑) 聴いてみるとなんとヴォーカルアルバムではないですか! 私はインスツルメンタルを主に聴いていますので、久し振りに聴くヴォーカル曲にもやられぱなしです。 歌はさることながら、ほどよく聴こえてくるギター・ソロがすばらしいです。

おすすめ