文化祭 3 [81]

文化祭 2 [72]の続きを書きます。「デイ・トリッパー」の演奏を始めると、な! な! なんと停電したのです。エレキギターの音は消えてドラムの音だけが残り、講堂は真っ黒になりました。会場内にどよめきが響きわたりました。どうやら講堂のブレーカーが落ちたようでした。照明がついたので、再度「ディ・トリッパー」の演奏をはじましたら、またもやブレーカーが落ちました。講堂はかなり古い建物であり、昔の電気設備だったので電力の許容範囲を超えたみたいでした。その後、数分間の中断があり、なんらかの対策をしてもらってコンサートを再開できました。「デイ・トリッパー」は後回しにして、仕切り直すために「ゲット・バッグ」を演奏しましたが、その後はなんのトラブルもなくコンサートを続けられました。コンサート終盤に「ヘイ・ジュード」を演奏したのですが、ドラマーのF君がリードヴォーカルを歌っていて、バックコーラスのパートになり一本のマイクスタンドでリードギターのA君と私が歌うと会場から歓声が上がり、色とりどりの紙テープが飛んできました。コンサート会場の全員が最高のボルテージに達した瞬間でした。

続き

コメント

タイトルとURLをコピーしました